篠田工務店オフィシャルサイト

株式会社 篠田工務店

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)への取り組み

ZEH住宅とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略で、
ご家庭の年間一次エネルギー消費(冷暖房などの空調、給湯、換気、照明のエネルギー消費)を、
「省エネ+創エネ」によっておおむねゼロを目指そうとする住宅のことを言います。

政府はエネルギー基本計画(平成30年7月閣議決定)において、「住宅については、2030年までに新築住宅の
平均でZEHの実現を目指す」とする政策目標を設置しており、地球温暖化対策計画(平成28年5月閣議決定)
においても同様に政策目標を設定しています。

また2020年10月、菅義偉内閣総理大臣は「2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、
脱炭素社会の実現を目指す」ことを宣言しました。(国土交通省HPより)

エネルギー効率向上には、家の断熱性能・気密確保が重要です。
さらに、日射(太陽エネルギー)を考慮した設計、 高効率の機器類を採用することで
一次消費エネルギーを減らし、トータルでのコストダウンを図っています。

篠田工務店では、以下のような目標値を掲げ、脱炭素社会の実現に向けて
住宅の省エネに取り組んでいます。

ZEH

篠田工務店は今までのゼロエネルギー住宅施工の実績を生かし、「ZEHビルダー登録」をします。
ZEHビルダー登録をすることにより、国からの補助金をお客様に反映される制度が適用されます。

≪篠田工務店の今後のZEH・Nearly ZEHの受注目標と実績≫
全受注における
ZEHの割合
2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度 2025年度
目標値 10% 10% 20% 30% 50% 55%
実績値 15% 12% 12% 6% 10% -
ZEH

BELS(建築物省エネルギー性能表示制度)への取組み

BELSとは、建築物省エネルギー制度のことで、
建築物において省エネ性能を第三者機関が評価し認定する制度です。
2020年度は、95%の物件で取得しました。