About iestory

本物の家をつくること

家の本質は、心と体を安らげる場所であり、それは時代を経ても変わることがありません。
その思いを根底に、私たちは漆喰や無垢材など天然素材のものを使用した、誰もが安心で心地よく暮らせる家づくりを一番に考えています。

本物の素材を提供することは大事で、成長期のお子様の五感に優しく語りかけます。同時に、感性豊かな人間形成の手助けにもなります。また、天然素材に囲まれた空間が、体を健康な状態へ導いてくれます。

家づくりで大切なのはプロセス

お客様にとって、家づくりは初めてのことで、さまざまな思いを抱いています。
私たちはその思いのひとつひとつに耳を傾け、納得のいくカタチに整理していく「プロセス」を大事にしています。それは、家づくりを決心する「プロセス」、業者を選定する「プロセス」も同様。家づくりに関わる全ての「プロセス」に大切な物語があるからです。その物語の舞台となる家をお客様と一緒に創り上げたいという思いから、私たちが提案する家を「iestory(いえすとーりー)」とネーミングしました。

時代を経ても愛される家づくり

大量生産・大量消費の時代は終わり、循環的な性質が問われる時代になりつつあります。
このような情勢の中、私たちが考える「本当に良い家」とは、世代から世代へ受け継ぐことのできる資産価値の高い住まいです。
そのためには、経年劣化により風合いが魅力的に変化する、本物の素材を用いることが必要。また、文化レベルの高いその住まいは、周囲の景観さえも美しく変えることができます。

このように、時代を経ても愛される家を造るため、お客様の人生に寄り添いながら、家を通してライフスタイルをご提案したいと考えます。

適正価格の家をご提供

私たちの家づくりは、設備や仕様などを多くの中から選ぶのではなく、漆喰や無垢材などベストだと考えるものを標準仕様にしています。
その結果、仕入れコストを極力抑えた、高品質・低コストでのご提供を可能にしています。これからも、日々の企業努力を惜しまず、お客様に「適正価格」の住宅をご提供していきます。